【知っておきたい】トラック運転手が後悔すること5選!今からでも遅くない損しないために

当ページのリンクには広告が含まれています。

「後悔したくない」

「トラック運転手になりたい」

「今の仕事がきつい」

こんな悩みを解決する記事です。

 

トラック運転手の仕事で、後悔している人もいます。なぜ後悔しているのかを見ていきましょう。

経営者の私が、トラック運転手が後悔しないためのポイントを書きました。

後悔したこと、後悔しないためのポイントについて解説もしていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事でわかること

・トラック運転手が後悔したこと
・後悔したいためには
・いい会社の選び方

目次

トラック運転手が後悔すること5選

トラック運転手で後悔することは、大きく分けて5つあります。

後悔すること5選
  • ①長時間労働
  • ②体を大事にしない
  • ③ながら運転
  • ④危険行為
  • ⑤ブラック企業

1つ1つ見ていきましょう。

後悔ポイント①:長時間労働

トラック運転手は、長時間労働で後悔します。

「家族を大事にしたかった」

「好きなことをすれば良かった」

「自分を大事にしたかった」

こんな後悔をしている人が多い。

  • 長時間労働で家族・プライベートな時間がない
  • 疲れて仕事以外何もしていない
  • 事故・ケガをする

長時間労働で後悔している人は多い。

また長時間労働は、事故やケガのリスクが上がる。

疲れて運転や作業に集中できなくなり、事故・ケガをしてしまう。

事故を起こすと全てを失う。免許証・仕事を失い、後悔する。

自己管理が重要!

▼疲労回復法

後悔ポイント②:体を大事にしない

体を大事にしないで後悔している人が多い。

「毎日体が痛い」

「もっと仕事をしていたかった」

「早く病院に行けばよかった」

体を大事にしないで、後悔している人は多い。

  • 腰痛・痔は、かなりストレス
  • 病気で仕事ができない

腰痛・痔などはかなりストレスが溜まり、イライラする。

仕事でイライラして、「ミスや仕事が上手くいかない」や「家族に当たってしまう」など、自分が損をする。

また体を大事にしないと、長期的に仕事ができなくなる。

健康や体のケアを意識して仕事をしよう。

自分の身体は替えがきかないので、大事にしよう!

▼腰痛の治し方

▼ドライバーの痔対策

後悔ポイント③:ながら運転

トラック運転手が後悔する行為の一つに、運転中にスマートフォンを操作で後悔します。

「免許が取り消しになった」

「大きな事故をした」

「仕事を失った」

ながら運転で事故を起こしたら、免許・仕事を失う。

 ながら運転ながら運転(交通事故
違反点数3点6点(即免許停止)
反則金大型 25,000円
普通 18,000円
罰則が適用
罰則6ヶ月以下の懲役
または10万円以下の罰金
1年以下の懲役
または30万円以下の罰金

ながら運転はかなり危険!

また、ながら運転は厳罰化しているため、違反点数が多く、反則金も高い。

仕事上で、電話が必要なこともありますが、ハンズフリーなどを使用して対策しよう。

反則金を払うことを考えれば、イヤホンは安い。

ながら運転は絶対にやめよう!

▼トラック運転手を楽にする便利グッズ

後悔ポイント④:危険行為

あおり運転・飲酒運転は絶対にやめましょう!

「事故を起こした」

「免許が取消」

「仕事を失った」

こんな後悔をしている方がいる。

あおり運転

トラックは大きいため、あおり運転は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為。

妨害を目的にした
あおり運転
 あおり運転により
著しい交通の危険を生じさせた
違反点数25点35点
行政処分免許取消免許取消
期間2年間免許取得不可3年間免許取得不可
罰則3年以下の懲役
または50万年以下の罰金
5年以下の懲役
または100万年以下の罰金

あおり運転の処分は厳しく、免許がなくなる。

トラックは大きく威圧的に見えるため、気をつけましょう。

飲酒運転

トラック運転手が後悔する行為の一つに飲酒運転があります。

酒気帯び運転
0.15~0.25
mg
酒気帯び運転
0.25mg以上
酒酔い運転
違反点数13点25点35点
行政処分免許停止免許取消免許取消
期間90日間停止2年免許取得不可3年間免許取得不可

飲酒運転はかなり危険。

飲酒運転は仕事を失う!

飲酒運転して人身事故を起こしてしまった場合

飲酒運転で人身事故

・死亡事故の場合・・・1年以上20年以下の懲役
・負傷事故の場合・・・15年以下の懲役

アルコールの影響を受けた状態で運転することは、自分や他の人々の命を危険にさらす

運転手の仕事に責任持ち、絶対に飲酒運転はやめよう!

後悔ポイント⑤:ブラック企業

トラック運転手が後悔することの一つに、勤めている会社があげられます。

「適正な給与が払われない」

「過度な労働時間」

「安全に働けない」

働く会社で後悔している人は多い。

  • 長時間労働で体がボロボロになり、プライベートや家族との時間がない
  • 頑張っても給与があまりもらえない
  • 仕事道具がなくて、仕事が危険

労働時間・給与・安全は最低限のことができていない、ひどい会社はたくさんある。

その環境に慣れてしまい、ひどい環境が当たり前なってしまうと、自分がずっと損をする。

働く会社で、人生が変わる。

自分に合う会社で働こう!

トラック運転手の給与

トラック運転手が後悔しないために

トラック運転手が後悔しない方法について、紹介していきます。

後悔しないためには
  • 健康を意識
  • 安全運転
  • 自分に合う会社で働く

1つ1つ見ていきましょう。

後悔しないためには①:健康を意識

健康を意識して仕事をしよう!

  • 腰痛・痔の対策
  • 運動・ストレッチ
  • 睡眠の質を上げる
  • バランスのいい食事
  • 働きやすい会社で働く

健康を意識することで、長期的に健康で働け後悔しない。

腰痛・痔などは、かなりのストレスで、仕事柄治りにくい。

腰痛クッション・マットレスを使用して、腰痛予防・睡眠の質を上げよう。

自分の体に投資することで

  • 仕事が上手くいく
  • ストレスが少ない
  • 長期的に仕事ができる

健康を意識して仕事をしよう!

自分の体を大事にしよう!

▼トラック運転手におすすめな便利グッズ

後悔しないためには②:安全運転

プロドライバーの自覚を持ち、安全運転しよう。

危険な行為は、大事故に繋がる

  • 飲酒運転
  • ながら運転
  • あおり運転

絶対にやめよう。

自分や他の人々の命を危険にさらす。

また安全運転をすることで、事故が減り

  • 会社に評価される
  • 給与が増える

トラックドライバーは安全運転しよう。

危険行為をすることは損しかない。

イライラしない生活をしよう!

後悔しないためには③:自分に合う会社で働く

自分に合う会社で働くことが1番重要。

自分に合う会社で働くことで

  • 仕事がうまくいく
  • ストレスが少ない
  • 健康的に働ける

仕事は、自分に合う仕事をしよう。

自分に合う仕事わかんない

自分に合う仕事がわからない人は、下記をチェックしよう。

  • 自分が好きなこと
  • 楽に感じる仕事
  • どのくらい働けるか
  • 休みはどれくらいほしいか
  • どれくらい稼ぎたいか

「自分が働く上で何が重要か」を考えて、優先順位を決めよう。

すべてが揃った会社はありませんが、優先順位が高いことに合う会社を見つけましょう。

また、運送業に特化した求人サイトをドラピタを利用しよう。

  • 求人情報が詳しく、自分に合う会社が見つかる
  • 検索しやすいため、自分の合う条件の会社を見つけやすい
  • 優良な求人が多い

ドラピタは、使いやすいサイトなのに無料で利用できる。

まずは、ドラピタで求人を見てみよう!

\運送業に特化した転職サイト/

登録後も一切お金はかかりません

まとめ:トラック運転手で後悔しないため!

トラック運転手の仕事で後悔している人は多い。

後悔①:長時間労働
体力に合う会社で働く。

後悔②体を大事にしない
健康や体のケアをしよう。

後悔③ながら運転
ハンズフリーをしよう。

後悔④危険行為
危険な行為は絶対にやめよう。

後悔⑤:ブラック企業
自分に合う会社で働こう。

後悔しないためにすぐ行動しよう!

後悔しないために1番重要なのは働く会社です。

働く会社が優良な会社なら

  • 適正な給与がもらえる
  • 健康的に働ける
  • ストレスがすくない

良い会社で働くことで後悔しない。

今は転職するのに大チャンス。

  • 求人が多い
  • 優良な求人がある
  • 採用されやすい

運送業に特化した求人サイト【ドラピタ】は、利用して転職の成功率を上げよう。

今のチャンスを掴もう!

\運送業に特化した転職サイト/

登録後も一切お金はかかりません

▼ドラピタ評判

「やめさせてもらえない」

「上司・社長が怖い」

「もう会社に行きたくない」

こんな人は早く会社から逃げよう。

すぐに辞めないと後悔する。

  • 体を壊す
  • 働けなくなる

自分が損をしてしまう。

自分でやめられない方は、退職代行を利用しよう。

  • 怖い上司・社長に連絡しなくても
  • 会社にいかなくても

絶対にやめられる

退職に困っているなら退職代行サービスに相談してみよう。

費用はかかるので自分で辞れない方におすすめ。

自分を大事にしよう!

▼退職代行サービス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次